きまぐれ☆まいらいふ

相本久美子のきままな日記です。

«|2017-10|12345678910111213141516171819202122232425262728293031|»
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20071022161034
今日活けたのは、まんさく、糸菊、しゃがです。
まんさくは、赤と黄色に色づいた大ぶりな枝でちょっとビックリ!
生け花は、花や葉ばかりかと思っていましたが、ホント山から切って来たような枝で、自然なカンジがまた難しく、素敵でした。 ☆KUMI
スポンサーサイト


Comments

今回、色は地味目。秋だからちょうどいい位ですか。
しかし、花や枝、葉など形状が変わっていて面白いですね。すこし派手さを感じるくらいです。久美子さんのセンスが光っているって感じ。
青い花器。おしゃれな感じの菊。形の面白い素材周りに添えて。
私は、青色が好きです。青色は妙に気持ちが落ち着くんです。
青色、紺、ネイビーの服装の女性にもなぜか弱いんです。これは、私の秘密です。

時々、カメラを傾けて写真を撮ってるんでしょうか。
頭の中で水平にトリミングしてみると、やはり感じが変わりますね。

メディアの世界におられるだけあり、ベストショットを伝えたいというプロ魂が、響いてきます。

相変わらず、花音痴ですが「まんさく」だけ知っています。
 花が真っ先に咲く → 先ず咲く → まんさく (バンザーイ、バンザーイ、)

やっぱり 秋の菊は 趣がありますね。
「さえわたるひかりを霜にまがえてや 月にうつろふ白菊の花」 (千載和歌集)
白菊ではなかったかな..。花言葉には余り興味はないけれど、しゃがは「友人が多い」、まんさくは「ひらめき」だって。両方とも久美子さんにぴったりだね。


相変わらず素敵な花あしらいですね♪
木や花に無知な僕には勉強にもなります(b^-゜)

ところで久美子さん、花あしらいをされる時って先生からテーマが出たりするんですか!?
季節の木々や花々を上手に活けられてるのは何時も分かるんですがテーマは何かなぁ~って何時も思ってました。
(素人発想ですみません・・・)

それとも全て久美子さんのイマジネーション?
それはそれで興味津々ですけどね(^~^)

 相本さんのおにぎりを食べたお嬢さんは、自然なカンジで、いつもの様に帰宅されたことでしょうね。それはとっても 素敵なこと、ですね。
 自然であること、それは簡単なことではない、それを知る人は素敵だと思います。
 「紅葉照湖水」b☆k

かわいい小鳥が飛んできて 枝に止まりそう^^

Post a Comment


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

profile

Aimoto Kumiko

Author:Aimoto Kumiko
相本久美子
1958年5月27日
東京都出身/ B型

category

weather report


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。